セリフアニメモックアップ.jpg

​セリフアニメ

​セリフアニメ
​Aチーム (武田・石井・中井・柴田)
​タイトル
​「なんでもないはなし」
制作をするなかでこだわった点
​登場人物の二人ばかりにフォーカスを当てるのではなく、ちょっとした仕草や小物を利用した演出などを入れるようにした。
​Bチーム (雨宮・可知・川村・高橋)
タイトル
「ペンギン」
制作をするなかでこだわった点
更衣室で着替えるところからプールで最後の台詞を言うまで、登場人物の繊細な動作を画面上で表現しながら、二人の独特な関係性を感じさせるような作品を意識しました。
​Cチーム (一條・加藤航平・石山・山崎)
​タイトル
​「腹ぺこ猫は抜け出せない」
制作をするなかでこだわった点
冒頭の場面で状況を明確にせず、見ていくうちに何が起きていたのか明らかになっていくよう構成した。​
​Dチーム (加藤楓菜・峯田・伊嶋・阿部)
​タイトル
​「夢」
制作をするなかでこだわった点
前半の明るくかわいらしい世界と、後半の不気味で恐ろしい世界とのギャップを表現しました。​
​Eチーム (萱島・行方・宮村・飯田)
​タイトル
​「ずっと一緒」
制作をするなかでこだわった点
男が徐々に恐怖を感じていく様子を、客観的に見てもわかり易く感じてもらうように情景を描いた。人に恐怖を感じてもらうのは、一見簡単そうで難しいんだと痛感しました。
​Fチーム (淵本・ソ・ミンジ・石田・横山)
​タイトル
「お言葉に甘えて」
制作をするなかでこだわった点
​夏の終わりの寂しさを音と間で表現しました。
​Gチーム (橋本・坂本・小原・足立)
​タイトル
​「CINEMA」
制作をするなかでこだわった点
限られたセリフから違和感のない世界観を作り出すこと。またそれに合わせた効果音や字幕での空間と画面作りに拘った。​