ゼミ紹介.jpg

​ゼミ紹介

​私たちについて
東京造形大学・和田敏克ゼミナール。

2013年に東京造形大学・和田敏克准教授(当時は特任教授)の
ゼミナールとして開講、今年度で8期目となります。

前期・後期を通して、アニメーションの実践研究を行っています。
2020年度は、
アニメーション専攻(4年生14名/3年生4名)メディアデザイン専攻(4年生4名)
映画映像専攻(4年生2名)絵画専攻(3年生2名)彫刻専攻(3年生2名)と、
専攻領域に囚われない多種多様な学生が、合計28名所属しています。
 
私たちのゼミは、先生がテーマを決めるのではなく、
学生が主体となって研究したいテーマや内容を決めていきます。

そのため年によってテーマが異なり、学生の個性がテーマにも反映されています。
研究制作時は、前期、後期それぞれに、
3〜4人のチームに分かれて、1つの作品を制作しています。

専攻も学年も違うなかで、意思疎通を図り、各々の得意スキルを発揮することで、
制作を実践しながら、研究を深めてゆきました。
​担当教員
toshikatsu_wada_05.jpg
​和田 敏克
​アニメーション作家
1966年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。
岡本忠成監督の短編アニメーション映画に憧れ、電通プロックス映像企画演出部に入社。96年より独自の手法によるアニメーション制作を開始する。プチプチ・アニメ『ビップとバップ』が国内外のアニメーション映画祭で受賞、入選したほか、川本喜八郎監督『冬の日』では第2部ドキュメンタリーの構成・演出などを担当。2007年、荒井良二原作『スキマの国のポルタ』が第10回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。ベテランアニメーション作家9人とのアニメーション創作集団「G9+1」も活動中。
11年、電通テックを退社。東京造形大学准教授。日本アニメーション協会常任理事。日本アニメーション学会理事。
​メンバーリスト
河村 衣里  映画・映像専攻領域    4年
​  河村 衣里の卒業制作を見る
中井 千聖   映画・映像専攻領域   4年
​  
武田 賢太郎 アニメーション専攻領域   4年
​  武田 賢太郎の卒業制作を見る
雨宮 聖奈   アニメーション専攻領域  4年
​  雨宮 聖奈の卒業制作を見る
石井 芽衣  アニメーション専攻領域   4年
​  石井 芽衣の卒業制作を見る
一條 繭加   アニメーション専攻領域  4年
​  一條 繭加の卒業制作を見る
可知 拓磨  アニメーション専攻領域   4年
​  可知 拓磨の卒業制作を見る
加藤 航平   アニメーション専攻領域  4年
​  加藤 航平の卒業制作を見る
加藤  楓菜   アニメーション専攻領域   4年
​  加藤  楓菜の卒業制作を見る
萱島 いちご  アニメーション専攻領域  4年
​  萱島 いちごの卒業制作を見る
坂本 星     アニメーション専攻領域   4年
​  坂本 星の卒業制作を見る
SEO MINSY    アニメーション専攻領域  4年
​  SEO MINSYの卒業制作を見る
行方 将太郎 アニメーション専攻領域   4年
​  行方 将太郎の卒業制作を見る
橋本 花凛  アニメーション専攻領域   4年
​  橋本 花凛の卒業制作を見る
淵本  宗平   アニメーション専攻領域   4年
​  淵本  宗平の卒業制作を見る
峯田 かほる アニメーション専攻領域   4年
​  峯田 かほるの卒業制作を見る
石山 遥    メディアデザイン専攻領域 4年
​  石山 遥の卒業制作を見る
伊嶋 友香      メディアデザイン専攻領域   4年
​  伊嶋 友香の卒業制作を見る
宮村 陽子   メディアデザイン専攻領域 4年
​  宮村 陽子の卒業制作を見る
横山 葉月      メディアデザイン専攻領域   4年
​  横山 葉月の卒業制作を見る
足立 好    アニメーション専攻領域    3年
​  
柴田 裕香   アニメーション専攻領域    3年
​  
高橋  紗也   アニメーション専攻領域   3年
​  
山崎 雄太  アニメーション専攻領域   3年
​  
阿部 文洋   絵画専攻領域           3年
​  
石田 弥菜   絵画専攻領域        3年
​  
飯田 華子  彫刻専攻領域         3年
​  
小原 朱音  彫刻専攻領域         3年
​